語学留学

大学留学の場合

→あなたにあったプランを立てましょう

日本の高校を卒業してイギリスの大学に進学したい場合、大学の学部に入れるのは1年後の9月と考えた方がいいでしょう。一般的な日本人高校生の英語力では、卒業した年の9月にイギリスの大学に入学するのはなかなか難しいケースが多いです。まずはファンデーションコースで学ぶとよいでしょう。どこのファンデーションコースで学ぶかという点については、希望する大学の学部に問い合わせなければならない場合もあります。
それぞれのファンデーションコースによって、入学時に求められる英語力も異なります。IELTS5.0から5.5程度の英語力が要求されることが多いのです。ファンデーションコース以前の語学研修のプランをうまく立てる必要があります。英国留学委員会のカウンセラーが相談にのらせていただきますので、綿密に計画を立て1年半後の大学入学を目指しましょう。

→イヤーアブロード・プログラムを利用しましょう

数年前から、日本の大学の単位と互換性のある単位を取得できるプログラムを提供するイギリスの大学が増えてきました。このプログラムは大学により異なりますが、最も多いパターンは一学期間英語研修をした後、二学期目でいくつかの科目を履修し単位を取得するというものです。
日本の大学の中には、このプログラムに参加した場合、休学扱いにしない(大学の授業料1年間免除あるいは減額)という処遇にしてくれるところもあります。このシステムを上手に使って、留学を体験してみましょう。

 

大学院留学の場合

→まずはお気軽にご相談を

既に日本で学位を取得した方だけではなく、特別の分野で職業に就かれている方にも大学院への進学が認められることがあります。研究機関によって受け入れの基準が異なりますので、英国留学委員会のカウンセラーと綿密な打ち合わせを重ね、現地機関に打診をしてみましょう。
大学院進学においても、指定のファンデーションコースを受講しなければならない場合があります。カウンセラーにご相談下さい。

→ 中学・高校正規留学