HOME > ハンドブック > 留学の予算

留学期間の決定

予算を決めましょう

   
 

→航空券

留学計画がまとまったら、できるだけ早く、航空券の手配にかかりましょう。今は、エコノミークラスにも数種類の予約クラスがあり、当然、安い席から順に埋まっていきます。学校への手続きにかかる段階では、その後のフライト日の変更は、まず考えられませんので、早めに安い席をおさえて、発券を済ませておきましょう。

 

→ヒースロー空港からホームステイ先までの旅費
ロンドン市内の学校に通うのであれば、ヒースローから、バスや地下鉄など安く辿り着く方法がいくつかありますが、地方都市の学校を選んだ場合など、送迎サービスを頼んだ方が無難です。


学校によって送迎料金は異なりますが、ケンブリッジあたりで、片道約150ポンドぐらい。イギリスの暮らしにも慣れてきた帰国時にはコーチ(長距離バス)などを利用して、費用を低く抑える方も多くなりますが、最初の到着時にはやはり送迎サービスを受けたほうが安心です。

 

→バス代、昼食代などの日々の雑費

ZONE1-3の通常片道料金は、4.5ポンド。オイスターカードを使うと、ピーク時で2.1から3.2ポンド、オフピークで2.1から2.7ポンド。トラベルカードを使えば、7日間35.6ポンド。

 

<その他の主な料金>

  • レストラン   15ポンドから50ポンド
  • ピザ屋     11ポンドから
  • パブ      10ポンドから
  • ビール  1杯2.7ポンドから
  • ワイン  1杯2.7ポンドから
  • 映画   6ポンドから14ポンド
  • 劇場   12ポンドから44ポンド
  • コンサート(クラシック) 8ポンドから30ポンド
  • コンサート(ポップ)  12ポンドから48ポンド
  • プレミアリーグ  20ポンド
  • ナイトクラブ/ディスコ  5ポンドから25ポンド

 

 

→おこづかい

学校のお友達と、夕方パブに寄ったり、週末に学校主催の小旅行に参加したりと、ちょっとしたお小遣いも必要になるでしょう。
週末に催される学校からの日帰り小旅行などは、30ポンド前後で用意されています。
もちろん、無料のソシアル・プログラムもあるので、『余裕があれば参加する』程度で予算組みをしてもいいのではないでしょうか。

 

 

授業料やホームステイ代金以外に留学にかかる費用としては、上記のようなものがあります。
各費用をご自分の思っている予算額から引いてみましょう。その残額が、授業料とホームステイ代に充てられる額です。その金額の範囲内で学校を選ぶことになります。授業料やホームステイ代金を週単位で表示している学校が多いので、単純に留学したい期間(週)で割り算してみてください。
その金額内で学校を選ぶという単純作業に移ることができます。

   
 
→ 留学期間の決定
→ 荷物はコンパクトに
→ 留学の予算
→ ヒースローに到着したら
→ 留学都市はロンドン?
→ ロンドンのタクシー
→ 留学する学校は?
→ 地下鉄を利用しましょう!
→ 留学コースの決定
→ 意外な落とし穴 再入国
→ 留学申し込み
→ 病気になった!?
→ 学生ビザの取得
→ 3ヶ月以上の滞在
→ 航空券の手配
→ 留学先から日本語e-mail
→ 海外旅行傷害保険
→ 留学用語一覧