HOME > イギリス語学留学 > 語学留学

語学留学

私立の語学学校を選ぼう

   
 

イギリスが世界に誇れるものの中で、特に素晴らしいのが『教育』です。以前は閉鎖的だった高等教育の機関にも、最近は外国人も入学しやすくなりました。英語力不足が専門分野での勉強や研究の妨げにならないように、大学や各種学校によっては独自に語学コースを設けるようになりました。そして、その語学プログラムを一般にも開放するようになって来たのです。

その中でもやはり語学力をつけるという意味においては、それ自体を専門としている語学学校に勝るものはありません。そして私立の語学学校では、留学生活のサポートという面を考えても、公立の教育機関にはできないようなきめ細かいケアをしてくれます。

   

学校選びをサポート!

   
 

私立の語学学校であればどれでも大丈夫と言うわけではありません。資格もないアルバイトの先生が教えているような学校もあるからです。学校選びで失敗しないためには、まずブリティッシュカウンシル認定校であること、English UKの加盟校であることを最低基準として判断しましょう。

その中で、どの学校が自分に一番あっているのか、専門のカウンセラーとじっくり相談して決めていきましょう。英国留学委員会では、学校案内だけでは得られない様々な情報を提供しています。カウンセラーには、どのような疑問でも投げかけてください。ほんの小さな不安も残すことなく、安心してイギリスに向かえるよう、賢い学校選びをサポートします。

   

ジェネラルイングリッシュって何?

   
 

一般的に『読む』『書く』『聞く』『話す』の4つの要素を重点的に学ぶのがジェネラルイングリッシュというプログラムです。学校によってそのネーミングは様々ですが、『ジェネラルイングリッシュ』『インテンシブ・イングリッシュ』などの名前が多く用いられています。

   

レッスン時間

   
 

午前授業または午後授業だけのコースは週15時間のレッスンです。このレッスンの中で、英語のレベルアップを図ります。週22時間から24時間のプログラムとして提供している学校では、午後の授業を『資格試験対策』や『弱点補強レッスン』などのオプションとして選択できるようにしていることもあります。

カリキュラム

 

ジェネラルイングリッシュのカリキュラムは、それぞれの学校のセールスポイントであり、各学校とも独自のテキストブックを使って、よりよいものを提供できるよう努力しています。クラスの人数は8名から14名ぐらいまで。少人数のレッスンで、先生がひとりひとりの生徒の学習状況を把握できるようになっています。
能力別クラス編成を効率よく運営するために、入学初日には、筆記テストやインタビューなどで、生徒の英語レベルを調べます。
日本人の場合は、圧倒的に『エレメンタリー』のクラスからスタートすることが多いのですが、リスニングやスピーキングに比べて、同レベル他国の学生より文法が頭に入っている傾向があるので、『聞く』事に慣れてきてからは、上達が早いようです。

   
 
→ 語学留学
→ インターンシップ(企業研修プログラム)
→ シニア(応援します!50歳からの挑戦)
→ ジュニア(小・中・高校生の留学)